社内研修用ラーニング動画の制作増加中

最近ニーズが増している映像作品のひとつに、企業内で使用される「社員研修用映像」があります。
eラーニングのひとつとして、こうした動画素材をご利用いただくことが多いようです。

テキストによるマニュアルは、ほとんどの企業内でお使いかと思いますが、やはり動きがなければ伝わらないという事柄も多く、そういった場合には動画を活用するのが、一番の解決策でしょう。

弊社が過去に手がけた例としては

・配管工程解説(ガス会社さま)
・商品説明解説(家電量販店さま)
・予約受付業務解説(ホテルチェーンさま)
・手術前診断工程解説(大学病院さま)
・会員カード案内解説(家電量販店さま)

などがあります。

これらは特に秘匿性の高い作品であるため、事例の詳細をここでお見せすることはできませんが、グラフィックをベースにしたシンプルなものから、ドラマ仕立てのもの、アニメを利用したものまで、多種多様です。どう見せればわからないという場合でも、これらの過去の事例を振り返りながら、手法をご提案しています。

気になる制作コストですが、これはトータルで見れば非常に安くなってきています。たとえばチェーン店等で共通して使われるような教材動画の場合、かつてはビデオテープを量産して各店舗に配布する必要がありました。作品そのものの制作費の他に、頒布するための費用がかなりかかったのです。

この状況は、ネットを通じての配信などが容易になった結果、大きく改善されました。かつてビデオデッキとテレビモニターが必要であった視聴環境も、現在ではPC、スマホ、タブレットと多様な形態を利用でき、もちろん従来型の対応が必要であれば、DVDなどの物理メディアも利用できます。恐らく、15年前と比較すれば、総額でゼロが一桁変わるような違いが出るケースもあるのではないでしょうか。利用しない手は無い!と言えます。

ラーニング動画の制作は間違いが許されない分、細かな確認事項も膨らむ傾向があり、結果として想定より長い制作期間が必要になるケースも多いです。新入社員を迎えられるタイミングなど、納期及び初出しが重要になる場合には、ぜひ早めにご相談ください。