ロゴの由来

弊社のロゴマークについてのお話を。

logo

個人的には「ひょうたん」と呼んでいるマークなのですが…

テレビ業界、特に編集マンの方であれば、この形が何を意味するかわかるかもしれません。

モチーフとなったのは「ジョグダイヤル」です。
もともとグラファスは4人の編集マンが集まって設立した会社です。私(代表)自身も、もちろん編集マンです。現在使っているのは圧倒的にトラックボールやマウスのほうが多いわけですが、それでもやはりルーツは「リニア編集」であり、それをオペレーションするときに欠かせない「ジョグダイヤル」は、ある意味シンボル的な存在です。

一方で「ひょうたん」というのも正解です。ジョグダイヤルを重ねて、ひょうたん型をイメージしています。これは豊臣秀吉とその縁起にあやかったものです。いつか天下人に…というのはおこがましいですが、大胆な策で、この分野に欠かせないポジションの会社を目指そうという気持ちの表れです。

このロゴマーク、実は2代目となります。法人化前には、同名の個人事業として「グラファス映像意匠事務所」が存在しており、初代はこんなロゴでした。

old logo

六角形は自然界でもっとも強靭な形。いま振り返ると、安定を望んでいたのかもしれませんね。この後、ほぼ同じ六角形マークをつけた某スマホゲーム会社が登場したため、なんとなく真似と思われたらイヤだなと思ったこともありましたが(偶然にもGRから始まる社名で、同じスタイルのフォントのロゴタイプでしたし…)、正真正銘オリジナルで、個人的には今でも思い入れのあるロゴマークです。

先般、東京オリンピックの件で、世間的にもロゴデザインとは何なのかという議論が巻き起こりましたが、有名無名問わずにロゴマークって本当に面白いものです。じっと見ていると、隠されている意味を発見したりして。弊社の「ひょうたん」にも、もう一つ、意味が隠されています。さて何でしょう。

最後になりましたが、ロゴ制作は弊社でも承っております。通常の静止画だけでなく、モーションロゴを含めての制作。映像制作会社ならではのワンストップサービスになります。動画プロモーションの展開もお考えでしたら、ぜひご検討ください。ご依頼おまちしております。